2013年9月30日月曜日

江戸東京博物館ミュージアムショップでの商品お取扱いが始まります。

あっという間に10月ですね。
でも、まだ、衣替えに悩む天気が
続いていて・・・。

あ、とすると、あと3か月で今年も
終了という恐ろしいことが起きる
のですね。ジーザスな感じです・・・。

さて、10月1日より両国は国技館の
お隣にある江戸東京博物館1階に
あるミュージアムショップで、商品の
お取扱いが始まります。
まずは、匂い袋と文香です。

江戸東京博物館用にオリジナルで
調香しております。江戸時代同様、
天然の香原料のみで創ってます。
合成香料やオイル類の現代の物は
一切入れておりません!キッパリ。

このあたりも、江戸に対するこだわり
です。

館内にも紹介があるのですが、
東都歳時記で取り上げられている
江戸時代の季節の風物詩から
毎月一つのテーマを選び、3か月に
一度、香りを変えていくという香りの
商品としてはかなりのチャレンジャー
なことをいたします。

もちろん、前の季節のがほしいという
のは、お店の方にご注文頂ければ
購入可能です。

10月から12月の冬は

10月 紅葉
11月 冬至
12月 午 
(12月は来年の干支・午年の香りです。)

以降、春は1~3月、夏4~6月、
秋7~9月となっております。
全て、江戸時代に使用されていた
旧暦である太陰暦で季節を区切って
考え方ですので、現代の太陽暦とは
約一か月ほどのズレが生じます。

その他、月香夜シリーズの
『月』『竹』『かぐや』が並んで
おります。こちらは比較的すっきり
した香りのシリーズですので、男性
の方や、すっきりした香りが基本的
にお好きという方にお勧めです。

江戸東京博物館1Fのミュージアム
ショップは、展示を見ずともお買い物
が出来るようになっております。
お近くにお出かけの際には、ぜひ、
香りもお試しくださいね。

もちろん、常設展もご覧ください。
私は、あの最初の橋の所で
テンションMax状態ですから。

好きなんですよね~、この博物館。
両国橋のジオラマの人々の顔を
双眼鏡で見るのとか、めちゃ楽しい
です。

江戸東京博物館
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

商品写真などがないのが、私な
ところで・・・。すみません。撮影
忘れてました。

それでは、明日からの10月、食欲の
秋、美味しい物食べて頑張ってまいり
ましょう~。
かぼちゃ大王には負けません!!!
(わかる方、スヌーピー好き!)

Music: ② - HAIRSPRAY PSYCHE

0 件のコメント:

コメントを投稿